言葉のリハビリをするプロ|なりたい自分になれる|憧れの公務員になるには

言葉のリハビリをするプロ

相談

社会人でも目指せる資格

言語聴覚士になるためには、国家試験に合格する必要がありますが、国家試験を受けるための受験資格が必要です。受験資格を満たしていない場合は、言語聴覚士の養成学校で所定の課程を修了する必要があります。高校を卒業後に言語聴覚士を目指す場合は、指定された大学や短期大学、専門学校などで三年以上学ぶ必要があり、課程を修了することで受験資格が得られます。様々な社会経験を経て言語聴覚士を目指す人もいますが、昼間に働きながら養成学校に通うことは現実的に難しく、諦めてしまう人もいます。しかし、言語聴覚士の養成学校の中には夜間制の学校もあるので、働きながら言語聴覚士を目指すことも可能です。その場合は、仕事と学習の両立ができる強い意志と学習時間と健康の管理が大切になります。

話す聞く食べるをサポート

言語聴覚士は言葉に関する問題を解決する専門家ですが、話すことだけではなく聞くことや食べることが不自由な子供からお年寄りまで様々な人のサポートをします。言語聴覚士の就業場所は、病院やリハビリセンターなどが多い印象ですが、最近では保育園や幼稚園、老人ホームなど様々な場所で必要とされています。患者とは一対一でのリハビリになることが多く、他の医療の専門職との連携も必要になるので、専門知識だけではなくコミュニケーション力も必要な仕事です。言語聴覚士は、リハビリの中のどんなに小さな変化でも見逃さず治療に活かす必要があるので、集中力を持ち細かい点に気付く人が向いています。また、リハビリは長く続けることで結果に結び付くので、根気強く広い心で患者に接することが大切です。