まずば目指す方向を

レディ

公務員の制度とは

公務員は、大きく分けて国家公務員と地方公務員に分けられます。国家公務員は、国の省庁や、全国にあるその省庁の出先機関で勤務する職員です。地方公務員は、都道府県や市町村に採用され、その都道府県や市町村で勤務する職員です。消防職員も地方公務員です。どちらも基本的な試験対策はそれほど変わることはなく、受験制度も似ています。専門職は幅が広いために、事務職についての説明になりますが、国家公務員は、国家1種と国家3種が事務職の採用になります。大まかには、大学卒業程度が国家1種で、高校卒業程度が国家3種です。地方公務員では、これが上級職と初級職という区分けになりますが、同じく大学卒業程度と高校卒業程度となっています。

具体的な行動は

公務員になるには、事務職では、大学を卒業して国家1種や地方上級を目指すか、高校を卒業して、国家3種や地方初級を目指すかのどちらかです。ここで問題になるのが年齢制限です。多くの場合、1種や上級は30歳程度、3種や初級は20歳程度に定められています。公務員になるには、この年齢制限が問題になります。しかし、これをうまく利用し、専門学校卒業で3種や初級を受験する方法があります。公務員になるには、これが最も確実です。専門学校には公務員コースがあり、ここで1年間か2年間のコースを選んで公務員になるにはという前提に立った勉強をしていきます。専門学校によって差はあるものの、かなり高い公務員試験の合格実績を誇っているところが多いです。選択肢の一つですが、ぜひおすすめしたい方法です。

言葉のリハビリをするプロ

相談

言語聴覚士になるには、指定された学校で三年以上学ぶ必要があり、課程を修了することで国家試験の受験資格を得ることができます。言語聴覚士は、話す聞く食べることに不自由な様々な人をサポートする専門職ですが、コミュニケーション力も必要とする仕事です。

読んでみよう

マネジャーの心構えとは

男女

マネジメントスキルを体系的に学ぶためには、検定試験を受けて資格を得るのが効果的です。コミュニケーション能力や実務における企画力、あるいはあらゆるリスクに備えた管理スキルを身につけることができるからです。

読んでみよう

仕事で役立つスキルとは

スーツの人

ビジネスマンの中でも人気が高い資格が中小企業診断士です。これは最難関とも言える国家試験であることから、受験者数が少ないことでも有名です。その分、資格を取得すれば大きなアピールになりますし、ビジネスの実践でも役立てることができます。

読んでみよう